会員登録 会員専用メニュー
 
Web Store Top  Web Store 利用方法 購入方法 買物かご ダウンロード Web Store Q&A Mail Web Store Sitemap
JSA Web Store
商品詳細情報
 

QMS改善のための七つ道具
福丸 典芳 著 本体価格 1,300円(税抜)
商品コード 330615
 
A5判・126頁
ISBN 978-4-542-30615-8
 
【概要】

  • 企業において、品質保証活動について問題になっていることがいくつかある。 その一つは、品質保証活動が停滞していることである。例えば、
    @是正処置が有効でないため問題が再発している
    A予防処置が行われてない
    Bアウトソース先に対する指導ができない
    など様々な問題を抱えている。このような状態を改善しない限り、企業の成長はあり得ない。
  • 本書では,QMSのパフォーマンスを向上させるためのツールの効果的、効率的実施 の仕方を、わかりやすく紹介する。
 
【目次】

第1章 クォリティマネジメントシステム(QMS)の改善
1.1 改善マネジメントシステムモデル
1.2 改善マネジメントの原則
1.3 改善マネジメントシステムの責任者の役割
1.4 教育・訓練

第2章 QMS改善のための七つ道具とは

第3章 プロセス機能展開法
3.1 プロセスの認識
3.2 プロセスの運営管理
3.3 プロセス間の関係
3.4 仕事の標準化の意義
3.5 標準化の問題点
3.6 プロセス機能展開法
3.7 プロセス機能展開図の作成手順

第4章 是正処置法
4.1 是正処置と予防処置との関係
4.2 効果的な是正処置法
4.3 問題とは
4.4 問題の発生状況とメカニズム
4.5 問題追究の基本ステップ
4.6 是正処置の目的
4.7 是正処置活動の問題点
4.8 是正処置の手順
4.9 是正処置のポイント

第5章 予防処置法
5.1 予防処置とは
5.2 予防処置の目的
5.3 予防処置活動の問題点
5.4 予防処置のメカニズム
5.5 予防処置の機会
5.6 予防処置の対象
5.7 予防処置の手順
5.8 予防処置活動のポイント
第6章 変化点管理法
6.1 変化する要素
6.2 変化点の着目点
6.3 ばらつき管理の7原則
6.4 変化点の検出

第7章 アウトソースマネジメント法
7.1 二者監査の目的
7.2 二者監査の方法
7.3 二者監査の着眼点
7.4 二者監査の手順
7.5 二者監査のポイント
7.6 監査員の実践訓練

第8章 QMS評価法
8.1 内部監査の限界
8.2 内部監査の基本その1(監査計画)
8.3 内部監査の基本その2(監査技術)
8.4 自己評価>
8.5 自己評価にあたっての注意点
8.6 自己評価に関わる人々の責任
8.7 自己評価のステップ

第9章 QMS改善アプローチ法
9.1 品質保証活動の問題点
9.2 品質保証の原則
9.3 品質保証活動のポイント
9.4 改善組織
9.5 改善に対する責任及び権限
9.6 改善のプロセス
9.7 改善活動の手段
9.8 日常管理の改善アプローチ

第10章Q & A

索  引

[Back]
copyright 2002-2017 Japanese Standards Association. All Rights Reserved.